神功皇后

神功皇后神功皇后

日本の第14代天皇である仲哀天皇の、皇后。
初めての摂政(在位:神功皇后元年10月2日 – 神功皇后69年4月17日)とされた。 さらに明治時代までは一部史書で第15代天皇、初の女帝(女性天皇)

福岡県

的原神社

英彦山を天忍穂耳に渡した大己貴が向かった先は宗像の許斐山だった。そこは下照姫の生誕地でもあった。
大阪府

高津宮

仁徳天皇の高津宮は二箇所あった。烈田の溝の存在から神功皇后の本当の生存年代が算出できた。
福岡県

警固神社

福岡では有名な神社ですが全国では珍しい名前の神社は、ある有名な人物を護る場所だった。
大阪府

住吉大社

摂津一宮の住吉大社は、九州の神と伝わる。福岡県那珂川市の現人神社には住吉大神の和魂を摂津に移すとあり、大和朝廷の歴史は、ここから始まったかも知れません。
福岡県

住吉三神

摂津一宮 住吉大社の神は九州の神であるとゆう その元宮が那珂川の畔にあった。そこは古代奴国と呼ばれた国であった。
福岡県

香椎宮

仲哀天皇と神功皇后の宮に祀られている住吉三神の二神は、神武天皇の東征にかかわる神だった。
福岡県

産宮神社

鸕鶿草葺不合尊(ウガヤフキアエズ)は「記紀」に彦火々出見と豊玉姫の息子として記載されているにもかかわらず誕生以外の説話はほとんど残っておらず。彼を祭る神社は、ほとんどありません。 糸島市前原に珍しく鸕鶿草葺不合尊(ウガヤフキアエズ)...
湍津姫

宇佐八幡宮

天武天皇の系統が伊勢神宮より重くを置く宇佐八幡宮の第二殿 比売大神とは何者か、その正体とは
末盧国

野波神社

神功皇后 仁徳天皇の生誕地の可能性の高い神社
末盧国

玉島神社

末慮国の神功皇后の鮎の伝説が残る神社は豊玉彦の神社だった。
タイトルとURLをコピーしました