神功皇后

スポンサーリンク
大阪府

住吉大社

摂津一宮の住吉大社は、九州の神と伝わる。福岡県那珂川市の現人神社には住吉大神の和魂を摂津に移すとあり、大和朝廷の歴史は、ここから始まったかも知れません。
福岡県

住吉三神

摂津一宮 住吉大社の神は九州の神であるとゆう その元宮が那珂川の畔にあった。そこは古代奴国と呼ばれた国であった。
福岡県

香椎宮

仲哀天皇と神功皇后の宮に祀られている住吉三神の二神は、神武天皇の東征にかかわる神だった。
福岡県

産宮神社

鸕鶿草葺不合尊(ウガヤフキアエズ)は「記紀」に彦火々出見と豊玉姫の息子として記載されているにもかかわらず誕生以外の説話はほとんど残っておらず。彼を祭る神社は、ほとんどありません。 糸島市前原に珍しく鸕鶿草葺不合尊(ウガヤフキアエズ)...
大分県

宇佐八幡宮

天武天皇の系統が伊勢神宮より重くを置く宇佐八幡宮の第二殿 比売大神とは何者か、その正体とは
末盧国

野波神社

北山ダム湖に沈む前の「野波(のなみ)の里」は神功皇后生誕の地という伝承がある。そこには、神功皇后を祭神とする野波神社があり、皇后(息長足媛おきながたらしひめ)の両親を祭神とする下ノ宮がある。 参道 鳥居は明神鳥...
末盧国

玉島神社

案内版によると松浦の名前の由来は神功皇后が三韓征伐を占った際 発した「めずら」がなまって松浦になったと記されていますが、「魏志倭人伝」にはすでに「末慮国」と記されている国が松浦と同じ国であったなら三世紀にはこの国は「まつう...
末盧国

疫八坂神社

又渡一海 千餘里 至末盧國 有四千餘戸 濱山海居 草木茂盛行不見前人 好捕魚鰒 水無深淺皆沉没取之「魏志倭人伝」末盧國 訳「又、一海を渡る。千余里。末盧国に至る。四千余戸有り。山海に浜して居す。草木茂盛し、行くに前人を見ず。魚鰒を捕...
壱岐島

志々岐神社

錦浜 この浜の名前の由来は、「神功皇后が三韓出兵の時に、この浜で錦の衣を干した」という言い伝えに由来しています。その錦浜に面してひっそりと神社が建っています。 境内 龍のような狛犬...
壱岐島

白沙八幡宮

壱岐で一番大きな神社といえば、間違いなくこの神社になります。 参道 この神社の参道は巾は狭いですが長さが長いのが特徴です。 壱岐白沙八幡社社叢「社叢」とは神社の森のことをいう。白沙八幡神社...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました