饒速日

『古事記』では邇藝速日命、『日本書紀』では饒速日命、『先代旧事本紀』では饒速日命の名称以外に、別名を天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあまのほのあかりくしたまにぎはやひのみこと)、天火明命(あまのほのあかりのみこと)、天照國照彦天火明尊、胆杵磯丹杵穂命(いきしにぎほのみこと)と表記される。他の別名として、天照御魂神(あまてるみたまのかみ)、天照皇御魂大神(あまてらすすめみたまのおおかみ)、櫛玉命(くしたまのみこと)、櫛玉神饒速日命(くしたまのかみにぎはやひのみこと)がある。長脛彦の義兄として登場する。後に神武天皇側に付き長脛彦を誅殺したと伝わる。

天細女命

豊日別

「古事記」に「九州は体一つにして四つの面あり。」と記されている。  その豊日別とはどのような神であろうか?
福岡県

飯盛神社

福岡の西の女山は飯盛山で伊邪那美を祭る 東の男山は若杉山で伊弉諾を祭るとあるが本当の祭神は海神の一族だった。
福岡県

天照神社

馬見神社近く、饒速日命が降臨したと伝わる神社があった。
福岡県

馬見神社

北九州にもくしふる峰があり、そこは饒速日の神社であった。五十猛と饒速日とはどういう関係なのか?
福岡県

筑紫神社

筑紫の神 白日別 五十猛とは瓊瓊杵尊の別名なのだろうか?その実態とは?
福岡県

細石神社

日向二代 彥火火出見の母を祭ったと伝わる神社
佐賀県

契山 大興禅寺

素戔嗚の息子 五十猛とさこの姫の契の山は瓊瓊杵尊と木花開弥姫の約束の地なのだろうか?
佐賀県

荒穂神社

佐賀県基山では五十猛はニニギの別名であると伝わる神社
佐賀県

稲佐神社

五十猛とは何者か また仏教伝来の地を伝える神社
タイトルとURLをコピーしました