湍津姫

宗像三女伸の一人 「記紀」では賀茂別雷 椎根津彦 活玉依姫を生んだとされる。最初の夫はウガヤフキアエズ後に大山咋の妻となる。降臨地は宇佐島

湍津姫

大山咋

健磐龍(手研耳)の乱の跡、阿蘇の惣領となったのは阿蘇神社の近く国造神社の祭神 速瓶玉命でした。 国造神社 参道 水神社 由緒 国造神社祭神速瓶玉命(はやみかたまのみこと) - 阿蘇神社主祭神健...
福岡県

三女神

宗像三女神は天照大神と素戔嗚尊のうけいによって生まれたとあります。しかしその後の活動についてあまり知られていません。その後の三女神を御紹介します。
福岡県

的原神社

英彦山を天忍穂耳に渡した大己貴が向かった先は宗像の許斐山だった。そこは下照姫の生誕地でもあった。
福岡県

香椎宮

仲哀天皇と神功皇后の宮に祀られている住吉三神の二神は、神武天皇の東征にかかわる神だった。
福岡県

姪浜住吉神社

伊邪那岐が黄泉の国から帰った際 禊をした小戸の阿波木原と伝わる神社
湍津姫

宇佐八幡宮

天武天皇の系統が伊勢神宮より重くを置く宇佐八幡宮の第二殿 比売大神とは何者か、その正体とは
湍津姫

宇佐八幡宮元宮とは

 宇佐八幡宮のニノ殿に眠る比売大神とは一体何者であろうか?宇佐八幡宮の創建にかかわった神社からその実態に迫ります。
福岡県

宗像大社

三女神を祭る宗像大社の本当の祭神とは?宗像三女神の本当の正体は誰なのか?
タイトルとURLをコピーしました