豊玉彦

豊玉彦 豊玉彦

『古事記』は綿津見神(わたつみのかみ)、大綿津見神(おおわたつみのかみ)、『日本書紀』は少童命(わたつみのみこと)、海神(わたつみ、わたのかみ)、海神豊玉彦(わたつみとよたまひこ)などの表記で書かれる。百嶋神社学系図では別名を八大竜王 八咫烏 三嶋湟咋 中将と同一人物である。大幡主の息子である。

スポンサーリンク
賀茂建角身命

蟻通神社

紀貫之 清少納言が中将と呼ぶ蟻通明神とは、遥か昔 卑弥呼の時代 日本を救った知恵者を祀った神社だった。
賀茂建角身命

八咫烏

八咫烏の本当の名前とは? そしてその降臨地とは? 八咫烏の正体を暴きます。
福岡県

志賀海神社

委奴国王の金印が発見された志賀島に鎮座する志賀海神社には金印と深いかかわりがあった。
福岡県

太祖神社

福岡の東の男山と云われる若杉山は古来より伊弉諾を祭っていると云われていましたが、実は八大竜王と豊玉姫を祭るやしろだった。
末盧国

玉島神社

案内版によると松浦の名前の由来は神功皇后が三韓征伐を占った際 発した「めずら」がなまって松浦になったと記されていますが、「魏志倭人伝」にはすでに「末慮国」と記されている国が松浦と同じ国であったなら三世紀にはこの国は「まつうら」と呼ばれていた...
スポンサーリンク