田心比売

宗像三女伸の一人 別名 道中主 通称 豊玉姫 最初 彦火々出見の妻であったが、後に大己貴に嫁いだ、連子に八重事代主 姫がいる。降臨地は筑紫

スポンサーリンク
福岡県

水沼君と天の眞名井

水沼氏 「汝三神宣降居道中奉助天孫而為天孫所祭也」(神代巻)とある道中は河北荘道中である。「今在海 北道中號白道主貴ミチスキ此筑紫水沼君ミヌマノキミ等祭神也」(神代巻)とあるが「海北」とあるのは「河北」の書誤りである。 のち景行天皇...
広島県

厳島神社

平清盛が三女神の市杵島姫命を祀ったことで有名なのが 福井の気比神宮 奈良の春日大社と並び日本三大鳥居の一つと云われる安芸の厳島神社です。 平清盛像 嚴島神社(いつくしまじんじゃ、厳島神社)は、広島県廿日市市の厳...
福岡県

宗像三女伸の正体 レポートNO2

宗像三女神とは 三女神は天照大神と素戔嗚の「うけい」によって生まれ「九州から半島、大陸へつながる海の道(海北道中)へ降りて、歴代の天皇をお助けすると共に歴代の天皇から篤いお祭りを受けられよ」とのことからそれぞれの地で祀られるようになったと...
京都府

元伊勢 外宮

伊勢神宮の外宮の正体は龍王の娘のことだった。
福岡県

三女神

宗像三女神は天照大神と素戔嗚尊のうけいによって生まれたとあります。しかしその後の活動についてあまり知られていません。その後の三女神を御紹介します。
大分県

宇佐八幡宮元宮とは

 宇佐八幡宮のニノ殿に眠る比売大神とは一体何者であろうか?宇佐八幡宮の創建にかかわった神社からその実態に迫ります。
福岡県

宗像大社

三女神を祭る宗像大社の本当の祭神とは?宗像三女神の本当の正体は誰なのか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました