建速須佐之男命

 

 

『古事記』の記述によれば、神産みにおいて伊邪那岐命が黄泉の国から帰還し、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で禊を行った際、天照大御神、月読命に次いで鼻を濯(すす)いだときに産まれたとする(阿波岐原は江田神社のある宮崎市阿波岐原町に比定される)。これは神道の祝詞、祓詞にもある。
『日本書紀』では伊弉諾尊とイザナミ (伊弉冉尊・伊邪那美命)の間に産まれ天照大神・ツクヨミ(月読)・ヒルコ(蛯児)の次に当たる。
統治領域は文献によって異なり、三貴神のうち天照大御神は天(高天原)であるが、月読命は天、滄海原(あおのうなばら)または夜の食国(よるのおすくに)を、須佐之男命には夜の食国または海原を治めるように言われたとあり、それぞれ異なる。須佐之男命は記述やエピソードが月読命や蛯児と被る部分がある。

埴安姫 草野姫

八股遠呂智(ヤマタノオロチ)

高志の八股遠呂智は出雲の神話では無かった。そして遠呂智とは何者か?て何処で起きた出来事かを検証します。
福岡県

櫛田神社

博多山笠で有名な櫛田神社の祭神に何故 大幡主と素戔嗚なのかその理由とは何故なのか その元宮とは?
福岡県

香原神社

古代豊前一宮は宇佐八幡宮ではなく香春神社だった。香春神社には新羅 神功皇后にまつわる重要な文書が残されていた。
伊都国

宇美八幡宮(伊都国)

伊都国宇美八幡宮に伝わる天日鉾とは一体何者か、その正体にせまります。
末盧国

鏡山神社(鏡山稲荷神社)

末慮国の鏡山神社の本当の祭神を探る。
末盧国

疫八坂神社

又渡一海 千餘里 至末盧國 有四千餘戸 濱山海居 草木茂盛行不見前人 好捕魚鰒 水無深淺皆沉没取之「魏志倭人伝」末盧國 訳「又、一海を渡る。千余里。末盧国に至る。四千余戸有り。山海に浜して居す。草木茂盛し、行くに前人を見ず。魚鰒を捕...
宇迦之御魂神

国津意加美神社

壱岐の須佐之男の住居跡と伝わる神社
タイトルとURLをコピーしました