山幸彦

記紀に見える神。天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の子で、「古事記」では火遠理命(ほおりのみこと)、「日本書紀」では彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)のこととされる。隼人族の伝承が天孫神話に付会されたものか。狩猟の神。兄は海幸彦。

スポンサーリンク
武甕槌命

鹿島神宮

タケミカヅチとは猿田彦大神 饒速日命の別名だった。
滋賀県

白髭神社

 伝承を辿ると対馬に渡った彦火々出見は豊玉姫と別れた後、須佐之男命の娘 香原神社の祭神 辛国息長大姫太目命こと天細女と共に帰国しの笠置山で饒速日として降臨後 対馬で覚えた赤米の栽培を広めながら巡行し九州を離れます。 その九州最後の地...
猿田彦大神

猿田彦大神

導きの神 猿田彦大神の本当の名前が記されている神社が福岡県那珂川市にあった❕ 彼の名前とは?
天細女命

豊日別

「古事記」に「九州は体一つにして四つの面あり。」と記されている。  その豊日別とはどのような神であろうか?
福岡県

高良大社 高良玉垂神秘書

高良大社には日本誕生にかかわる重要な文書「高良玉垂神秘書」が存在していた。これにより神話の多くが解明された。
福岡県

細石神社 平原遺跡

高祖神社から神輿が下ったと云われる神社は町中にひっそりと建っています。 境内 誕生の石 細石神社から200mほど離れた場所に八竜の森という場所があり、そこが彦火火出見の生誕地と伝わる場所にあった石です。 ...
福岡県

高祖神社

実は この神社の存在のことを偶然知ったことから山幸が宮崎の神話では無いことを知り、九州の神社を調べはじめるようになりました。 考察「三代実録」に記されている「元慶元年(877年)高磯姫に従五位を授ける。」とあり女神で...
対馬

豊玉姫の出産

鴨居住吉神社 やがて妻の豊玉姫命が臨月を迎え、お産のために夫のもとを訪れた。 いよいよ出産が迫ったときに、豊玉姫命は夫に「決してお産をする姿を見ないでくださいね。」と言い置いて産屋へと入った。 しかし山幸彦も好奇心いっぱいの若者。 ...
対馬

和多都美神社 

天神々の社 ここで、塩椎神が、「私があなた様のためによい計画を立てましょう。」と言って、すぐに竹で編まれた小船を造り、その船に火遠理命を乗せて教えて言ったことには、「私がこの船を押して流したら、しばらくそのままお行きなさい。良い潮の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました