五十猛

林業の盛んな地であったので、それらの人々が信仰していた神と考えられる。『日本書紀』、『先代旧事本紀』の記述から、五十猛神は林業の神として信仰されている。紀伊は古来より林業の盛んな地であったので、それらの人々が信仰していた神と考えられる。木国の大屋毘古神と同一神とされる。山幸 猿田彦 饒速日と同一人物と考えられる。

スポンサーリンク
千葉県

香取神宮

一説では経津主は武甕槌の別名であるといわれています。それは真実なのだろうか?
猿田彦大神

猿田彦大神

導きの神 猿田彦大神の本当の名前が記されている神社が福岡県那珂川市にあった❕ 彼の名前とは?
福岡県

馬見神社

どうも基山辺りから五十猛の名前が瓊瓊杵尊の名前に変わってきています。 天拝山荒穂神社 由緒「筑前続風土紀」には、荒穂神社は、現在佐賀県山養基郡基山町山町宮浦にある荒穂明神を招いたもので、一説には瓊瓊杵尊を祭神するが、本...
佐賀県

稲佐神社

参道 神社の名は稲佐神社 この稲佐神社一帯は「稲佐山泰平寺」と呼ばれた神仏習合の聖域であったそうです。 平安時代この石段の両脇には十六の寺院がありました。 境内には樹齢300年以上の大楠が...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました