壱岐島

天比登都柱は伊邪那岐と伊邪那美が国生みで生んだ壱岐島の別名 中国の史書である『三国志』魏書の魏書東夷伝倭人条、いわゆる『魏志倭人伝』においては、邪馬台国の支配のもと、「一大國」が存在したと記されている。また南に瀚海(かんかい)と呼ばれる一つの海を渡り、千余里を行くと一大國に至る。また長官を卑狗(ひこ)といい、副官を卑奴母離(ひなもり)という。広さは約三百里四方ばかり。竹や木のしげみが多い。三千ばかりの家がある。田畑が少しあり、農耕だけでは食料には足らず、また、南や北に海を渡って穀物を買い入れているとある。

壱岐島

小島神社

壱岐でモンサンミッシェルと呼ばれる神社があります。 画像はお借りしました。 その港に小島神社 別名「カラス島」と呼ばれる神社があります。 由緒 小島神社祭神蛭兒命・事代主命島全体が御神体なので小枝す...
壱岐島

志々岐神社

錦浜 この浜の名前の由来は、「神功皇后が三韓出兵の時に、この浜で錦の衣を干した」という言い伝えに由来しています。その錦浜に面してひっそりと神社が建っています。 境内 龍のような狛犬...
壱岐島

天手長男神社・天手長女神社

壱岐に残る武内宿禰と沖ノ島の伝承が残る神社
壱岐島

白沙八幡宮

壱岐で一番大きな神社といえば、間違いなくこの神社になります。 参道 この神社の参道は巾は狭いですが長さが長いのが特徴です。 壱岐白沙八幡社社叢「社叢」とは神社の森のことをいう。白沙八幡神社...
宇迦之御魂神

国津意加美神社

壱岐の須佐之男の住居跡と伝わる神社
壱岐島

本宮八幡宮

猿石 黒崎砲台 聖母神社から猿石を廻り黒崎砲台を見た後に向かった神社は 境内 長い参道です。 非常にシンプルな狛犬です。 由緒 本宮八幡宮御祭神西殿...
壱岐島

聖母神社

壱岐ではフェリー発着所からみると最も遠い対馬寄りの海に向かって1つの鳥居が建っています。 馬蹄石 出兵の際に神功皇后が乗っていた馬にその力が伝わり、馬の蹄の跡が岩に残ったものだといわれています。 石垣 ...
壱岐島

國片主神社

月讀神社から壱岐の中心部に向かって行くと二つの石の目印が目に入ります。 史跡 へそ石江戸時代に書かれた壱岐名勝図誌に「女夫石」として記載があり、壱岐の中心を表す標石として道しるべとなったとあります。 ...
壱岐島

住吉神社

フェリー発着所の郷ノ浦から国道を行くと古い鳥居が見えてきます。 由緒 住吉神社一、御祭神 底筒男神 中筒男神 表筒男神御相殿八千戈神(大国主命)一、御由緒當社は神功皇后 新羅御親征御凱旋の時 三韓鎮護の為 軍越...
壱岐島

月讀神社

日本初の神社と伝わる月読命を祭る神社
タイトルとURLをコピーしました