宇迦之御魂神

『古事記』では宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、『日本書紀』では倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と表記する。更に 別名 天日姫 須佐之男命 大市姫の間に生まれた娘である。
名前の「宇迦」は穀物・食物の意味で、穀物の神である。また「宇迦」は「ウケ」(食物)の古形で、特に稲霊を表し、「御」は「神秘・神聖」、「魂」は「霊」で、名義は「稲に宿る神秘な霊」と考えられる。
記紀ともに性別が明確にわかるような記述はないが、古くから女神とされてきた。
伏見稲荷大社の主祭神であり、稲荷神(お稲荷さん)として広く信仰されている。ただし、稲荷主神としてウカノミタマの名前が文献に登場するのは室町時代以降のことである(後述)。伊勢神宮ではそれより早くから、御倉神(みくらのかみ)として祀られた。

天細女命

豊日別

「古事記」に「九州は体一つにして四つの面あり。」と記されている。  その豊日別とはどのような神であろうか?
末盧国

鏡山神社(鏡山稲荷神社)

末慮国の鏡山神社の本当の祭神を探る。
宇迦之御魂神

国津意加美神社

壱岐の須佐之男の住居跡と伝わる神社
タイトルとURLをコピーしました