大物主命

『古事記』では御諸山上坐神(みもろのやまのうえにますかみ)、美和之大物主神(みわのおおものぬしのかみ)、『播磨国風土記』では八戸挂須御諸命(やとかけすみもろのみこと)、大物主葦原志許(おおものぬしあしはらのしこ)とも表記する。百嶋神社学では大山咋神の別名 父は天忍穂耳命
母は市杵島姫命だが連れ子で大己貴に嫁いだ。

湍津姫

大山咋

健磐龍(手研耳)の乱の跡、阿蘇の惣領となったのは阿蘇神社の近く国造神社の祭神 速瓶玉命でした。 国造神社 参道 水神社 由緒 国造神社祭神速瓶玉命(はやみかたまのみこと) - 阿蘇神社主祭神健...
福岡県

的原神社

英彦山を天忍穂耳に渡した大己貴が向かった先は宗像の許斐山だった。そこは下照姫の生誕地でもあった。
福岡県

宗像大社

三女神を祭る宗像大社の本当の祭神とは?宗像三女神の本当の正体は誰なのか?
京都府

出雲大神宮

京都丹波に元出雲と呼ばれる神社がある。ここの伝承には驚くべき事実が隠されていた。
タイトルとURLをコピーしました