対馬

対馬「国生み」での別名は天之狭手依比売(あめのさでよりひめ)『魏志』倭人伝では、「対馬国」は倭の一国として登場する。帯方郡から邪馬台国への経路の途上、「狗邪韓国」(韓国慶尚南道金海)の記述につづいて「一海を渡ること一千余里」の南に位置するとしており、邪馬台国に服属した30余国のなかの一国であった。そこには、対馬は、居る処は絶島で、土地は山が険しく、深林が多く、道は獣の径(みち)のようであり、千余戸の家はあるものの、良田がないので海産物を採集して自活し、船による南北の交易によって生活していたと記されている。また、他の倭の諸国同様に、「卑狗」(ヒコ)と呼ばれる大官と「卑奴母離」(ヒナモリ)と呼ばれる副官による統治がなされていたとする。

対馬

厳原八幡宮

樋口一葉の小説の指導者であり、恋人でもあった半井桃水(なからいとうすい)の生家跡に建つ半井桃水館 画像はお借りしました 金田城 厳原は古代対馬の交通の要所であり、近くには飛鳥時代の白村江の戦いの対朝鮮半島への最前...
対馬

太祝詞神社

神道で唱える太祝詞発祥の神社
対馬

鴨居住吉神社

豊玉姫の産屋と伝わるウガヤフキアエズの誕生地
対馬

和多都美神社 

「古事記」「日本書紀」に伝わる山幸と豊玉姫が出会った場所 豊玉姫の墓と伝わる場所
タイトルとURLをコピーしました