瓊瓊杵尊

天照大神の子である天忍穂耳尊と高皇産霊尊の娘である栲幡千千姫命の子(つまり天照大神の孫。皇孫(すめみま)、天孫(あめみま)とも称される。高皇産霊尊の意により葦原中国の主として天降(あまくだ)り、日向国の襲の高千穂峰へ至った(『古事記』では天照大御神の神勅)。さらに国を探し求めて吾田長屋笠狭岬へと至り、そこで大山祇神の娘の鹿葦津姫(かしつひめ)、またの名は木花開耶姫(このはなのさくやびめ)を娶った。二人の間には火闌降命、彦火火出見尊らが生まれた。久しくして崩御。可愛之山稜に葬られた。 百嶋神社学系図では天照大神の実子とされる。

福岡県

雷神社

伽耶韓国から来た瓊瓊杵尊は何故くしふる峰を目指すのか?
伊都国

天降神社(糸島市新田)

瓊瓊杵尊は何処から来て何処へ向かうのか?
タイトルとURLをコピーしました