天児屋根

『古事記』では天児屋命、『日本書紀』は天児屋根命と表記される。別名として天足別命(あめのたるわけのみこと)、武乳速命(たけちはやのみこと)、速経和気命(はやふわけのみこと)、天見通命(あめのみとおしのみこと)、麻刀方命(まとかたのみこと)、太詔戸命(ふとのりとのみこと)などがある。その他通称として春日権現(かすがごんげん)、春日大明神とも呼ぶ。
『古事記』には岩戸隠れの際、岩戸の前で祝詞を唱え、天照大御神が岩戸を少し開いたときに布刀玉命とともに鏡を差し出した。天孫降臨の際邇邇芸命に随伴し、中臣連の祖となったとある。

壱岐島

月讀神社

日本初の神社と伝わる月読命を祭る神社
対馬

太祝詞神社

神道で唱える太祝詞発祥の神社
タイトルとURLをコピーしました