日本武尊

本の名は「ヲウス(オウス)」、亦の名は「ヤマトヲグナ(ヤマトオグナ)」で、のちに「ヤマトタケル」を称したとする。ヤマトタケル」の名称は、川上梟帥(または熊曾建)の征討時に捧げられた。

佐賀県

真説 日本武尊伝(川上梟師)

筑紫で数年熊襲と戦った日本武尊は佐賀の川上峡まで川上タケルを追い詰めます。女装して宴会に紛れ込んだ日本武尊の前には川上タケルの姿が・・・
タイトルとURLをコピーしました