徐福

『史記』巻百十八「淮南衡山列伝」によると、秦の始皇帝に「東方の三神山に長生不老の霊薬がある」と具申し、始皇帝の命を受け、3,000人の童男童女(若い男女)と百工(多くの技術者)を従え、財宝と財産、五穀の種を持って東方に船出したものの三神山には到らず、「平原広沢(広い平野と湿地)」を得て王となり、秦には戻らなかったとの記述がある。

スポンサーリンク
佐賀県

新北神社

紀元前三世紀中国は秦の時代 始皇帝の命を受け一人の法士が不老不死の妙薬を探しに倭国に渡来したと伝わっています。 徐福は秦に滅ぼされた斉の国の出身であったのですが、始皇帝の命に背くことは出来ず、東方に 仙薬を求めて渡海すること...
佐賀県

金立神社

下宮 案内板によるとと有明海から上陸しこちらの金立山で不老不死の研究を行っていたようです。 拝殿 由緒 拝殿 御祭神:保食神(穀物の神)、罔象売女命(水の神)、秦の徐福...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました