徐福

『史記』巻百十八「淮南衡山列伝」によると、秦の始皇帝に「東方の三神山に長生不老の霊薬がある」と具申し、始皇帝の命を受け、3,000人の童男童女(若い男女)と百工(多くの技術者)を従え、財宝と財産、五穀の種を持って東方に船出したものの三神山には到らず、「平原広沢(広い平野と湿地)」を得て王となり、秦には戻らなかったとの記述がある。

佐賀県

金立神社

秦の始皇帝の命で不老不死の薬草を見つけたと伝わる場所
佐賀県

新北神社

紀元前3世紀造化三神が来日していた。
タイトルとURLをコピーしました