荒穂神社

佐賀県

有明海から上陸した五十猛が向かったのは現在の佐賀県の基山のようです。

参道

一の鳥居

民家を抜けて行きますが、おそらく古代は全てが参道であった様子が伺えます。

境内

樹齢400年の古木

手水舎

由緒

御祭神
瓊瓊杵尊 (合祀)住吉大神 春日大神 五十猛命 加茂大神 八幡大神 寶滿大神

由緒
当社は「日本三代実録」貞観二年(八六〇)の項の荒穂天神の名で神階昇叙の記事がみえ、延喜五年(九二七)撰進の「延喜式」神名帳に社名がみえる式内社(肥前国では四社)で由緒が古く格式の高い古社である。
 藩政時代は基肄郡上郷総社・明治六年郷社 昭和三年県社・戦前は、基山村(町)の産土神社であった。
祭神は古来諸説があるが民俗学上の原初は基肄山山頂の玉々石を盤座として農業に恵みを与え、豊穣をもたらす、自然神・産霊神であると考えられる。貞享元年(一六八四)の「荒穂神社縁起」には、中央に荒穂大明神左一に下鴨大神、左二に八幡大神、右一に宝満大神、右二に春日大明神、右三に住吉大明神の六社としている。
 創建は同縁起に人皇第三十七代孝徳天皇の御代(六四五~六五四)基肄国造物部金連の後裔金村臣によるとされている。社殿は最初基山山頂にあったが、戦国の兵火にかかって転々とし、当地に造営されたのは貞享二年である。現社殿(流れ造り)の拝殿は文政二年(一八一九)神殿・中殿は安政五年(一八五八)の改建になる。神課は十二人であった。

荒穂とは五十猛の別名ですが、『筑前国続風土記』には基山の荒穂明神について、「五十猛神なるべし、瓊瓊杵尊とは俗の付会せる説なるべしといへり。」と記されている。

しかし瓊瓊杵尊は高木大神の系統の人間であり、五十猛とは別人と考えざるえません。

拝殿

拝殿の扁額は阿蘇系の扁額です。

摂社

伝説の石
右、 子宝石
   この石に腰を掛け祈願すると子が授かると言ます
中、 荒穂の神と高良の神の投合された石と伝えられ石の上部に指の跡形がついています
   荒穂の神の投げた石は高良の神の神殿の下に有る言ます
左、 荒穂の神の馬が基山の頂上より飛降りた石と伝えられ馬の蹄の跡形がついています
   この謂れが斎祭の起りと伝えられています
(案内石碑より)

この玉々石(御霊石)は、ただの石の塊では有りません。
荒穂神社の御霊石ということです

猿田彦大神

住吉大神
鸕鶿草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)息子です。

水神
豊玉姫か淀姫のことでしょうか?

佐賀県基山町から福岡県筑紫野市に至る基山の頂上には、古代この場所に基肄城が築かれておりました。


大宰府を守るために、福岡県大野城市の大野城と伴にその役割を与えられていたのです。
この南西部の小高い丘(標高404.5m)の崖に「玉々石(御霊石)」という花崗岩塊があり、その岩の前の平坦地には、かっての社地であったとする伝承があります。
瓊々杵尊が基山で国見をしたこと、基肄城を築いた天智天皇が荒穂神を同城の守護神としたことが社伝にあります。

基山には伝承があるそうです
「契り山伝説」
この基山と荒穂神社にまつわる伝説である。
五十猛がある日、基山の「霊霊石」に腰をおろして四方を眺めていた。すると小川で一人のきれいな娘が洗濯しているのが目にとまった。そこでさっそく結婚することになり、基山の西にそびえる山の頂で夫婦の契りを結んだ。そのために人々は、その山のことを「契り山」と言うようになったと言う。 契山は基山よりやや高く、西2kmにある。基山町の民話にはこの娘は園部谷サコの「さこの姫」であると言う。基山の頂上からは南と東が見渡せる。園部は南の方角である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました