天降神社(糸島市新田)

伊都国

「天の石位(いわくら)を離れ,天の八重たな雲を押し分けて,稜威の道別に道別きて(いつのちわきにちわきて),天の浮橋にうきじまり,そり立たして,筑紫の日向の高千穂のくじふる峯」に天降った。 ここで天孫が宣言するには,「此地は韓国(からくに)に向ひ,笠沙の御前(みさき)を眞来通りて(まきとおりて),朝日の直刺す國(たださすくに),夕日の日照る國なり。此地は甚吉き地(いとよきち)」。 

「古事記」より

と記載があるのは瓊瓊杵尊の項で 瓊瓊杵尊が来たのは「魏志倭人伝」で云うことの伽耶韓国で最初に降り立ったのは伊都国の幣の浜のようです。

瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が降臨(光臨)した幣(ニギ)の浜


桜井二見ヶ浦

日本の昔の話で山幸彦が龍宮から帰還した砂浜も、ウガヤフキアエズの産まれた場所(砂浜)も天孫降臨と同じ志摩町の「幣の浜」とされています。

瓊瓊杵尊の伝承地は数か所あってそれをあげると

1 宇美八幡宮の境内社、天降神社 
  現在:糸島市前原町川付785  旧:前原市長糸川付大原 
  祭神:瓊々杵尊 
  備考:長野川の東、主要地方道49号線(大野城二丈線)沿い   2-1、2-2 川上六所神社合祀 
  現在:糸島市本535-1  旧:前原市長糸本西原
              旧:前原市長糸本畝詰
  祭神:瓊々杵尊 
  備考:①畝詰神屋敷の天降天神、②西原の天降天神である天降神社                  を遷座、六社合祀,主要地方道49号線(大野城二丈線)沿い

3 雉琴神社の境内社、天降神社
  現在:福岡県糸島市飯原2105   旧:前原市長糸飯原日明
                 元:糸島郡長糸村大字飯原字日明
  祭神:瓊々杵尊 
  備考:主要地方道49号線(大野城二丈線)沿い   4 天降神社
  現在:糸島市飯原152   旧:糸島郡長糸村大字飯原字鶴ヶ迫
  祭神:瓊々杵尊 
  備考:主要地方道49号線(大野城二丈線)沿い   5 天降神社
  現在:糸島市瀬戸683 
  祭神:瓊々杵尊 
  備考:主要地方道49号線(大野城二丈線)沿い   6 天降神社
  現在:糸島市新田320 旧:前原市新田大堺                                        元:糸島郡前原町大字新田字大堺
  祭神:瓊々杵尊    7 加布里天満宮の境内社、天降神社 
     現在:糸島市加布里    旧:前原市加布里宮園   祭神:瓊々杵尊 
     備考:かつて今宿(福岡市西区)にあったものを大正三年に      天満宮東側

に遷宮   8 天降天神社
  現在:糸島市二丈波呂       旧:二丈町一貴山波呂浦 
  祭神:瓊々杵尊 
      備考:google mapには熊野宮とある。
     主要地方道49号線(大野城二丈線)沿い   9 天降天神社 
  現在:糸島市二丈石崎 旧:二丈町一貴山石崎  元:糸島郡一貴山村
  祭神:瓊々杵尊 
  備考:主要地方道49号線(大野城二丈線)沿い
10天降神社
      現在:福岡市西区大字田尻259 
  祭神:瓊々杵尊   11天降天神宮
  現在:糸島市志摩桜井666    旧:志摩町桜井口ノ坪                                               元:糸島郡櫻井村 
  祭神:瓊々杵尊 
      備考:口ノ坪天神天ヶ岳と宮地岳の間。

12桜井神社(岩戸宮)         現在:糸島市志摩桜井4227   元:末竹天神  志摩町桜井末武
  祭神:瓊々杵尊 
  備考:末竹天神社。末竹にありて瓊々杵尊を祭神としたりと。      (糸島郡誌) 古くは11の天降天神宮の北西1km、Pinot Gris      (糸島市志摩桜井1052)の辺り 
        なお、かつて櫻井神社には古墳があり、       岩戸宮は古墳の石室だった場所。

その伝承場所を地図に落とすとこのような配置になります。

その中心部には可也山

以下の記載から瓊瓊杵尊が来たのは朝鮮半島の金海付近 「魏志倭人伝」でいうことの倭の伽耶韓国ということが想像されます。

参道・境内

境内前にある岐大神 これが瓊瓊杵尊のことで元になったと想像されます。

注連縄も祭る神によって様々です。

狛犬

手水鉢

昔の社殿の軒瓦ですが神紋は梅(天神)です。

拝殿

扁額の神紋は三五の桐です。

本殿の千木は縦削ぎ

由緒

村社 天降神社 糸島郡前原町大字新田字大堺
祭 神 瓊々杵命
由 緒 不詳,明治五年十一月三日村社に定めらる
主なる建造物 本殿,弊殿,拝殿,鳥居 以下略
新田”という地名は、四百年前、黒田長政公が干拓した初めての水田に因んでいます。由緒には干拓後、ニニギ尊を勧請したとのこと。水田地帯は広大で、三つの集落からなり、神社は求心力になっています。

このあと筑紫の日向の高千穂のくじふる峯に向かってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました